「* すべては美しい未来のために *」

私たちはいつも幸せであることを願っています。
幸せとは一人一人違った幸福感がありますが、平和で穏やかであること、恐れから自由であること、豊かであること、夢を叶えること、そして、愛し愛されることは、どんな人でも願っていることではないでしょうか?
その思いを実現すること、というより、すでに実現していることに感謝できることが、幸せにつながるのでしょう。
私たちが暮らしている地球には、沢山の愛が溢れています。

・アイビーは、枯れることのない不滅のシンボルとして、昔より変わらぬ愛と永遠の幸福を約束する結婚のお守りとして
・胡蝶蘭は蝶が飛ぶように「幸せが飛んでくる」という花言葉があり
・赤いハイビスカスは「上品な美しさ、信頼、繊細な美」が花言葉。
・赤いバラは、美しさの象徴で「あなたに尽くします」が花言葉。
すべてに共通するのが、「あなたを愛します」です。

その美しい花で満たされた見える世界と、もう1つ目に見えない心の美しさがあります。
その世界を、お釈迦様や龍神様が見守って下さっています。誰にでも守護神が居て下さります。
神様、ご先祖、その存在を忘れない心が、本当の自分自身を思い出し幸せを感じさせてくれます。
チェコの首都プラハにあるヴルタヴァ川に掛かるカレル橋は、プラハで最古の石橋で、橋の両側には30体の聖書に登場する聖人やチェコの英雄などの像が並んでいますが、過去の聖人や英雄の存在があってこそ、今現在の世界が守られ、美しい未来を創っているのです。
(その橋にもある司祭でカトリック教会の聖人ヤン・ネポムツキーの像に触ると幸せになると言い伝えられ、頭上に5つの星が輝く人物として、幸せへの思いがそこにも伺えます。)

また、釈迦如来を本尊にもつ雲龍寺は、兵庫県三木市にあり目に見えない愛の光をつないでいます。
「人生」という名の列車は、私たちの生まれた場所から、幸せの場所へと、様々な経験を通して沢山の愛の光を運び、銀河の輝きを生み、美しい未来へと進んでいくことでしょう。そして、「今ある幸せ」を感じることが、美しい未来を創っていくのでしょう。

B29 レッド / ブルー Get Up Go  B11 花の鎖 クリア / ピンク