「* まだ誰もしていない必要なもの〜驚きが創る輝き *」

1851年世界最初の万国博覧会の会場としてロンドンに造られた水晶宮=クリスタルパレスは、鉄を素材に使った新しい形態の建物で当時の人を驚かせたそうです。

世界中には様々な事柄に溢れています。地球の自然を大切にする気持ちを忘れずに、居・食・住・その他、医療・教育・文化・法律・思想、等々・・私たちが暮らしやすくなることが創られ、どんどんと創造性のある新しい時代が創られています。

予想外の展開、サウライズには、感動が伴います。
オオグマダラ(蝶の神)が現れたとき、素敵なことがあると言われていますが・・・
私たちはどれだけのサプライズ、感動を創っているでしょうか。

社会のために、家族のために、自分自身のために。
まだやったことのない世界、まだ行ったことのない領域にいくこと、それは、多少勇気のいることもあるかも知れませんが、その勇気を持てた分だけの感動は比例します。

人生にサプライズを・。☆ 人生に感動を・。☆ 受け入れていきましょう。

また、鉄は、金属元素の一つで太陽や他の天体にも豊富に存在し、地球の地殻の5%を占め、大部分は地殻にあり、地殻は、天体の固体部分の表層部であるマントルの上にあり、大気や海の下にあるものです。
(核→マントル→プレート→地殻→海)
栄養学的にも、鉄は人間(生体)にとって必須の元素。
鉄の生物学的役割は非常に重要です。
赤血球の中に含まれるヘモグリビンは、鉄のイオンを利用して酸素を運搬しています。
鉄は、私たちに暮らしに無くてはならない存在なのです。

うるま市の市名は「さんごの島」を意味する古い沖縄方言(ウチナーグチ)に由来する
ウル=さんご、マ=島、からきていまます。
うるま市の花木は、ゆうなの花(神様の花)。蝶は、オオゴマダラ(日本最大)。