* 私が望む安心できる光の道 〜 新しい豊かさ *

本当に望む事とは何でしょうか?心(魂)の向かう道はどんな事でしょうか?
私たちは日々地上で生きる目に前の事にだけにパワーを注いでいる事が多いかも知れません。
本当はそれ以上に望んでいる事が多いです。
安心できる場所に向かいたいのに「何か」がそうさせない事は良くあります。
又安心した気持ち(リラックス)をもつ事に不安や恐れがあるかも知れません。

本当に安心した気持ちで居られる場所へ向かう事こそ本当の豊かさを見いだします。
そのためには何かを手放す事も必要。時には涙ながらの事もあるかも知れませんが、その涙は真珠となりその経験があるからこそ、虹色の輝きを放つ事が出来るのです。
浄化は新しい始まりの時。新しい光へと新しい自分自身の色を思い出しましょう。

そして、本当に心地よい場所で心地よい事を、自分に与えていきましょう。
心地良さは肉体的、精神的にも健康を保ち心身共に安心と豊かさを得られます。
忙しい日々の中で肉体の声を聴いてあげる事はとても大切。もし肉体が叫んでいる場合は「何か」パターンを解放する事や求める事とは違ったことを自分自身に与えているのかも知れません。

求める安心と豊かさを得る事を止めている「何か」を見る為や「心(魂)の向かう道」が違う時、違った道に行かないように肉体を休める必要性として浄化の作用が起きることがあります。
それは本来の輝きへと変容する、再誕生の兆し。
肉体(身体)は一番重要なメッセージを教えてくれる大切な存在。私自身は光の存在です。