* 魂が喜ぶことが一番美しく輝ける *

私は、一体、何をすればいいのでしょうか?その答えは、ずっと持っているけど、その答えに応えることをしているでしょうか?

そのことについて考えている時間(年月)だけ、本当に生きたい自分でいられない日々を過ごしていることになります。
日々、太陽はどんな人に対しても、光を届けてくれています。
ひまわりの花は、その太陽に向いて咲いているからこそ、大きく美しく、凛として、高く強く、前を向いて、眩しく咲いています。
光に向かっている限り、どんな方向にも、咲くことができます。

又、光=魂、ハートが喜ぶことに向かうと、自然と、幸福を感じられ、素晴らしい私自身に出会うことでしょう。

そして、誰に対してもどんなことに対しても、笑顔を向けて無邪気に・・
ハートのままに、流れのままに、イルカのように自由で居られると気持ちいいですね。
ハートのままに自由で在るためには、その備わった才能を使わなければ「宝の持ち腐れ」になってしまいます。

恐れを手放して、自由に海に体を委ねてみましょう。
海は、地球で一番広く大きく、深く母のような存在。その広く大きく深い愛に抱かれるように、ありのままの自分を委ねましょう。

楽園の島へのかけ橋の向こうには、色鮮やかな輝く世界が溢れているでしょう。
その道に導いてくれる存在が居ることも、本当に幸せなことです。感謝しながらあなたが持っている宝箱を開いて心地良い光を沢山浴びましょう。