宮古島の神様
宮古島チャクラfeelingの旅
meteor-color
宮古島の玄関口の神様
漲水御嶽
(ハリミズウタキ)
コイツヌ、コイタマの男女神が天降りした聖地として二神を祭った御嶽であります。
脇神に、ニヌパンマティダ(うはるず:大主神社)、ウップヤルーマパアイテン(萬古山:天照大神)、ウズヌシュー(塩の神~海の塩)、船神、龍宮、港神などの水神様が祭られています。

(宮古島にお越しの際、お帰りの際に、ご挨拶されると良いでしょう。平良港交差点東。)


みなぎる水 愛があふれる 心の聖地へのゲート
2008年作「みなぎる水 愛があふれる 心の聖地へのゲート」
宮古島のエナジー
生息する植物の90%がハーブや薬草(植物界)、石灰岩やカルサイトが豊富な珊瑚礁が隆起した島(鉱物界)、
自然界が生み出す色とりどりの環境(色彩界)、この大自然の三位一体は「オーラソーマそのもの」。
宮古島で体験するオーラソーマは、絶大な体感があります。

宮古島のエナジー(植物界、鉱物界、色彩界)に触れ感じる中で
私たちの潜在意識は、光となり、色となり、宮古島のエナジーに共鳴し癒されていきます。
その神秘の体験は、奇跡的で、自然界からもたらされた恩恵に感謝が溢れます。
〜宮古島の素晴らしい景観スポット〜
東平安名岬
東平安名岬

太平洋と東シナ海に面する岬。
日本の都市公園100選にも選定され、宮古島を代表する場所。
沖縄方言で東のことを「あがり(太陽が上がる)」と呼ぶことから、
「あがりへんなざき」とも読み、光のエネルギーが高い場所。
隆起サンゴ礁の石灰岩から成り、
1980年に「東平安名崎の隆起珊瑚礁海岸風衝植物群落」として沖縄県の天然記念物に指定。
65科222種の高等植物が生育し、4月から5月にかけては白いテッポウユリが岬一帯で咲き乱れ、灯台は、上に登ることが出来、360度見渡せ、320度が海で水平線が丸く見えます。
とっても素晴らしい場所です。
与那覇前浜ビーチ
与那覇前浜ビーチ

東洋一の美しさといわれる「与那覇前浜ビーチ」。
7km続く白い砂浜。
「日本のベストビーチ トップ10」の1位に近年連続で選ばれている。
宮古島東急リゾートに隣接しており、毎年4月に開催される全日本トライアスロン宮古島大会のスタート地点。
来間大橋や来間島を見渡せ、夕日が最高に美しい場所。
牧山展望台
牧山展望台

伊良部島で最も高い場所にある、サシバという鳥の形をした展望台。
伊良部大橋を始め、宮古島、池間島、来間島まで一望できる最高の場所。
周辺は遊歩道になっており、南国の花々と緑に囲まれながら散策も楽しめます。
●宮古島の聖地を守るためのお願い●
・むやみにその他御嶽(拝所)には入らないで下さい。神聖な神様の場所です。
・宮古島は島全体が聖地です。海やその他の自然の資源の持ち帰りはしないで下さい。
Home
Event & Nwes
AURA-SOMA
動画で学ぶAURA-SOMA
AuraVijon-ART
Shopping
宮古島の聖地
Contact